JINUSHIビジネスの特長

JINUSHIビジネスとは

  • 土地だけを貸して収入を得るという方法(借地)を使った不動産投資は、とても安全な投資手法です。借地は古くからある賃貸方式ですが、旧借地法下では「土地を貸すと返ってこない」という認識が強かったため、今まで不動産投資においてあまり利用されてきませんでした。
  • ところが1992年に借地借家法が制定されて、定期借地権制度が創設されたことで、事業用定期借地権という新たな賃貸方式ができました。
  • 定期借地権制度では、あらかじめ決めた年数が経過すれば貸した土地は必ず地主に返還されることを定めています。
  • 日本商業開発株式会社は、その地主保護の事業用定期借地権をベースとして、立地選定や契約内容等についてノウハウを反映させた不動産投資手法を「JINUSHIビジネス」と名付けました。

JINUSHIビジネスの3つの強み

追加投資が不要

建物の建設・所有はテナント負担であるため、保守・修繕・改装等の追加投資が不要です。

長期安定収益が見込める

20~30年間程度の長期の契約期間で、建物はテナントが投資するため、退去リスクが低く、長期安定収益が見込めます。

資産価値が下がりにくい

事業用定期借地契約の期間満了後は、土地が更地で戻るため、最大価値で資産が返還されます。

JINUSHIビジネスの特色

借地料
事業用定期借地契約

転用可能な土地に投資

  • 将来の人口動向や道路付け、周辺環境などを検証し、転用可能な土地に投資を行います。

長期の契約期間・解約不可期間の設定

  • 契約期間は20~30年間程度と長期の契約です。
  • 原則、10年以上の解約不可期間を設定し、解約リスクを低減しています。

借地料改定は原則不可

  • 契約期間中、テナントからの借地料改定の申入れは、原則として不可としています。
  • 但し、経済事情の著しい変動等の事由により、借地料が合理的とされる範囲を著しく離脱している場合は増減額について協議可能です。

土地の一切の管理はテナント負担

  • 土地の一切の管理をテナントの責任と負担で行うことを契約で規定しています。
  • 建物を保有しないので、保守・修繕・改装などの追加投資や積立金は不要です。